FC2ブログ
撮影日誌
日々の撮影の記録など。ときどき他愛もない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の第一なぎさ公園 & 初めての箱館山ゆり園

久々に琵琶湖方面へ撮影へ!
と言っても、朝日や夕日ではなく、
久々の第一なぎさ公園と、こちらは初めての箱館山ゆり園。

つい先日まで行く予定じゃなかったけど、
ここ最近、お友達が撮ったひまわりがアップされているのをいくつも見て、
ひまわりを撮りたい病がムクムク(笑)
そこで急遽、第一なぎさ公園へ行くことに。

なぎさ公園のひまわり、今までは小ぶりで元気がない印象だったけど、
今回は大きくて元気で生き生きした子たちに会えた(^-^)
今までいつも8月に行っていたからちょっと時期が遅かったのかも。

ここでは軽~く撮影して次の目的地へ行くつもりだったのに、
元気なひまわりたちを前に撮影に夢中になって大幅時間オーバー(^_^;
人が多くなってきたところでやっと移動。

130721_biwako_024.jpg

次なる目的地は箱館山のゆり園。
こちらは初めての場所。
駐車場に着いてみると、ケーブルカーの乗り口から続く大行列が。。。
ここはUSJか!?
これは上に登るのに何時間かかるのか。。。と思ったけど、
意外にすいすい列が進んで一安心。

山頂へ登ってみると、見渡す限りのゆり畑に、背景に広がる琵琶湖。
眺めているだけで気分爽快!
めっちゃめちゃ暑かったけど(笑)
ゆりの方はちょっと早めだったようで、まだまだ蕾も多かった。
見ごろになるのは8月初旬だとか。

見ているだけで楽しくなる風景だけど、
花はロープで囲まれた中に咲いているので
遊歩道からマクロで狙うにはちょっと遠くて残念。
またいつか、ピークの時に来てみたいな。

久々の琵琶湖、写真のデキはともかく(笑)
1日めいっぱい楽しめた(^-^)
スポンサーサイト

テーマ:マクロレンズで撮った写真 - ジャンル:写真

リハビリ兼ねて万博へ

昨年の秋以来、久々に撮影に出かけました!
まだ肩が上がらないので無理な体勢での撮影は厳しいんですけど、
今の時期といえば、! ツバキ
木に咲くなら立ったまま楽に撮影できる!
ということで、近場の万博公園へ。
いやぁ、それにしても以前なら2時間近くかけてはるばる行った万博公園。
気軽にすぐ行ける近場になったってのは嬉しいなぁ。

それはともかく、どうも今年はの時期が遅れ気味。
万博公園のも、早咲きの桜ですらこの時期でまだ3分咲きとか。
ツバキに至ってはまだ咲き始めらしい。

晴れて暖かい休日。混雑してるかなぁと思いながら行ってみると、
駐車場もガラガラであまり人もいない感じ。
やっぱりが遅れてる影響かな。

うめ

園に近づいていくと、確かに確かに、
咲いてる木と全く咲いていない木と両極端。
でも咲いてる木を見ると、時期も早いせいかの傷みも少なく、
撮影するにはなかなかいい感じ。
いつも撮影するお気に入りのポジションでしばし撮影。
途中でみたらし団子と茶をいただく。

だんご

ツバキの森に向かうも、こちらは咲き始めという言葉通りちらほら。
さすがにはまだ綺麗だけど、背景とか考えるとちょっと撮りづらい。
ここのツバキ、木と木の間がかなり距離を空けて植えられているけど、
もっと森のようにくっつけて密集感を出した方がいいのになぁ。
その点、長居植物園のツバキ園は撮影するにはベストかも。

雲が出てきて日が陰りだした午後3時頃、お開き。
思う存分撮ったとは言えないけど、ま、リハビリ初めとしてこんなもんでしょ。
早く春の花を存分に撮りたいもんだ。
それまでに治ってくれよ、右肩くん。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

初秋の京都府立植物園

ブログを始めてから放置していた撮影日誌ですが、久々に復活!
やっぱり撮影記録がないと、「あのはいつも何日頃撮影に行ってたっけ?」とか、
「このの時期はまだ早いんだったかな?」というように、例年の撮影を参考にして
撮影予定を立てることができなくなって困ってしまうのです。

で、今日は珍しく単独で京都府立植物園へ。
いつもならE先生の撮影会で訪れるのですが、しばらく忙しくしていて
撮影会と予定が合わないので、空いた日に単独で行くことにしました。
しばらく撮影記録付けてないもんだから、はて、この時期にどれだけがあったかさっぱり分からない(笑)
一時、涼しい日があったのにここ数日はまた残暑厳しくなって、今日はまた暑い!
照りつける日差しは真夏のよう。帽子持ってくりゃよかった。。。
でも木陰に入ると爽やかな涼しい風が体に心地良い。やっぱりなんだなぁ。

さて、肝心のの方は、まだ夏からへのちょうど移り変わりにタイミングだからか、
もうひとつ少ない。
コスモスや彼岸もちらほら咲いてはいるけど、満開になるにはまだこれから。
壇も土が目立つ。

撮影自体が久しぶりなので、すっかり撮り方忘れてしまった(;´Д`)
スポーツと同じで、継続して撮ってないと被写体見る目とか撮影のカンが鈍るなぁ。

コスモスを撮っていたら、蝶がひらひら。
そのうちもう一匹あらわれて、2匹で仲良くダンスをしながらの浪漫飛行。
ただ、花に止まったときはどうみても「これは俺の花じゃ! お前どけや!」
って言いながらド突き合ってるようにしか見えない(笑)
すごくいいシーンなのに、蝶の動きが速すぎてMFでは全然ピントが追いつかない(泣)
かといってAFにしてもそもそもAFスピードが遅くて被写体が追いつかず、
ピントがどこにも合わずにジーコジーコと行ったり来たり。
MFである程度までピント合わせてからAFに切り替えてピント合わせ、
ってのもやったけど、これもかちかち切り替えてるうちにどこか飛んで行ってしまったり。
三脚で撮ってるってのも敏捷に動けない原因の一つ。

以前から望遠マクロに手ぶれ補正を! って言ってたけど、
ぜひとも超音波モーターも内蔵してほしい。
もちろんそれで小さく軽いのを。頼みますよ、タムロンさん!(笑)

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

灘黒岩水仙郷~立川水仙郷

以前より気になっていた、淡路島の灘黒岩水仙郷へ行ってきた。
1月下旬が見頃と聞いていたけど、サイトで見た一面に咲いてるイメージと比べると
ちょっと花もまばらで、まだ少しタイミングが早かったかなという印象。

それにしても、海を背景にして、こんな急斜面に水仙が咲いてるなんて面白い!
もっとも、広々とした風景を撮るのが苦手なので
なかなか思うように撮れず四苦八苦だったけど。
マクロレンズにつけかえて、いつものアップ撮影。ほっと少し落ち着く。
でもそれだとココで撮ったってのが分からないのよね(^^ゞ

行く前は、人が多くて撮影しにくいんじゃないか? と思っていたけど、
花の咲いてるエリアには入れないようになっているので心配は無用だった。

初めていく撮影地ってのは、場所や咲き方のイメージがわからないので
なかなか思うように撮れなかったりするんだけど、
またいつか、今度は準備万端で行ってみたいな。

さて、灘黒岩水仙郷を下りて、入り口にあるレストランでお昼ご飯。
名物? 「水仙うどん」を食べる。
普通のうどんなり(笑)

その後、近くにある「モンキーセンター」へ。
エリアは狭くて、お世辞にもあまり綺麗とは言えないけど、
野生の猿たちが園内を自由に歩き回っていて楽しい。
時々、山から鹿も下りてきたり。

ここの猿たち、どこぞの箕面の猿と違って(笑)
人の荷物を奪ったり襲ったりするなんてことはなく、
横を通ってもまるで気にせずマイペース。
でも子猿は慣れていないのか、カメラを向けるとすぐ逃げてしまう。
でも女性が撮ってるときには逃げてなかったのはなぜ?(^_^;

そういや、しゃがんで撮影してるとき、
ポケットの中を覗きに来たのが一人いたなぁ(笑)

モンキーセンターのあとで入ったカフェで、
すぐ近くに立川水仙郷という場所があるのを発見。

どんなところかわからないけど、ちょっと覗いてみようと車を走らせる。
途中、「ナゾのパラダイス」なんて手書きで書かれた怪しげな看板が。

ほどなく立川水仙郷の入り口を発見。
小学校の運動会で使う入場門のようなものをくぐり、崖下に下りていく。

広々とした畑に白い水仙が咲いていて気持ちいい。
ただこちらもやっぱりまばら。早いのか、遅いのか。
続きを読む

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

今年最初で最後の紅葉撮影~京都御苑~

今年はいろいろあって、なかなか撮影にも行けない1年だった。
特にここ最近は撮影に出かけようという気持ちもなかなか沸かず、
しばらく写真からは離れ気味だった。

でも年に1度の紅葉ぐらいはやっぱり撮っておかないと!
と気力を振り絞って(?)いつもの京都御苑まで行ってきた。

京都御所の紅葉

遠目に見ると色づきはそれなりにいい感じなんだけど、
アップにしようとするとどの葉も痛みが目立ってちょっと悲しい。

京都御所の紅葉

数年前、ホント素晴らしい紅葉に出会えたこの場所だけど、
あれ以来毎年訪れる度に「今年はイマイチだなぁ」と感じさせられることばかり。
京都でももう昔のように色も形も綺麗な紅葉には出会えないのかも知れないなぁ。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

プロフィール

クニ・ヒロ

Author:クニ・ヒロ
休日には大阪・京都の植物園などで
マクロレンズ片手にのんびり花写真の撮影を楽しむマクログラファー。
ボケを活かした幻想的な写真が好みです。
かわいい動物、笑える動物も大好き(^-^)

詳細プロフィールはサイトにて!
http://macro-daisuki.com/

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。