撮影日誌
日々の撮影の記録など。ときどき他愛もない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/14-15 秋の大台へ!

この春行った大台。
ぜひもう一度行きたくて、紅葉のこのシーズンに撮影決行!


そして今回は、なんとあのkoseさんとご一緒(@o@)/


夕方、道の駅宇田路大宇陀にて待ち合わせ。
さっそうと車を駆って現れるkoseさん。う~んキマってる!


夕方の大台で撮影でも、と思ったがどうも雨らしい。
それでも何か撮れるのではと、大台へ向かう。
着いた頃には雨も上がっていたが、代わって辺りはすごい霧。
1メートル前も見えないような状況で、ゆっくいゆっくり山頂へ向かう。


その後、車1台に相乗りして下山。
目指すは麓にある温泉。
露天や打たせ湯もあり、なかなかリラックスできていいところだ。
風呂上がりにはコンビニで買ってきた夜食を外のベンチでほおばる。
これからも大台に来たらここかな?


駐車場に戻り、空を見上げると、さっきまでの霧はどこへやら。
すっかり晴れた空には満天の星・星・星!
これを見ただけでも来た甲斐があったってもんだ。


翌朝は4時起床。真っ暗な中を正木峠へと向かう。
入り口に熊注意の看板が……。出るのか!?
峠に着くともう先客が。


太陽が出るのを待つが、周囲は前日以上に濃い霧で覆われている。
だんだん周囲は明るくなるが、一向に霧の晴れる気配はなく……。
結局、ご来光は拝むことができず。
残念!
それでも霧の向こうにぼんやり丸く浮かぶ太陽はなかなか面白い。


06_91_05.jpg



すっかり日も昇り、朝食タイム。
koseさん持参の(ってか僕が無理矢理持ってきてもらった^^;)コンロでお湯を沸かし、温かいコーヒーを頂く。
その後、大蛇までのんびり撮影しながら歩き、昼頃駐車場へ戻る。


昼食は道の駅川上にてうどん。
これにて解散し、koseさんはそのまま曽爾高原へと撮影に向かう。
お疲れな僕はここで帰宅することに。


しかし一緒に曽爾高原へ行かなかったことを後で大きく後悔することになろうとは……。予想してたけどね(笑)
スポンサーサイト

テーマ:紅葉 2006 - ジャンル:写真

初めましての大台ヶ原

2日、琵琶湖を後にして向かったのは、自宅ではなく大台ヶ原。


今回は、初心者マークでもOKの東大台から朝日を拝むのが目的。
初心者コースとはいえ、僕にとっては初の大台ヶ原。
どんな風景が待ち受けているのか、ワクワク。
12時前に琵琶湖を出、休憩を挟みつつ到着したのが17時半。
思ったよりも時間がかかった。


今回の目的は翌日の朝日。駐車場で夜を明かすのだ。
せっかくだから夕日も撮影しようと思い、早めに到着。
でもあまりにも風が強く、とても立ってさえいられない状態。
諦めて車の中で待機。
しかしこの時間から翌朝まで、なんと時間の長いことか。
夜は完全に真っ暗になって、星の光しか見えない状態。
う~ん、素晴らしい!


ご案内いただく焼き芋屋。パパ!さんが23時頃到着。
挨拶もそこそこに就寝。


朝、4時に起床。
真っ暗な中を目的地へ向かって歩く。
山道ではあるが、子供でも歩ける場所だけに、迷うようなことはなさそう。
これならまた一人ででも来れそうだ。
ほどなく正木が原へ到着。ここで日の出を待つ。
日出ヶ岳という場所もあるそうだが、こちらの方がよいとのこと。
またの機会にはそちらへも行ってみよう。


山の上らしく、空には一面霧が覆って幻想的。
でもそのおかげで太陽が全然顔を出してくれない。
それでも粘っていると、やっとちょこっとだけ太陽が!
感動!
それも一瞬で、すぐにまた霧の中へ隠れてしまった。
でもその霧の奥にまん丸く浮かび上がる太陽の姿が。
いやぁ、まるで朧月のよう。なんだか風情があるなぁ。


正木が原



太陽が昇ってしまった後は、少し移動して朝食。
パパ!さんが用意して下さったカップラーメン。
こんな場所でお湯を沸かして食べるラーメンはまた格別!


その後のんびり東大台を一周して、10時頃には駐車場へ戻り、解散。
駐車待ちの車が長~い行列を横目に帰途に着いた。

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

プロフィール

クニ・ヒロ

Author:クニ・ヒロ
休日には大阪・京都の植物園などで
マクロレンズ片手にのんびり花写真の撮影を楽しむマクログラファー。
ボケを活かした幻想的な写真が好みです。
かわいい動物、笑える動物も大好き(^-^)

詳細プロフィールはサイトにて!
http://macro-daisuki.com/

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。