撮影日誌
日々の撮影の記録など。ときどき他愛もない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年ぶりの裏磐梯へ!

3年前、E先生の撮影会にて訪れた裏磐梯。
台風が直撃するわ、紅葉は遅れていてほとんどないわの撮影会だった。


残念な思いのまま、またいつか行きたいと、ずっと思い続けていた。
そして遂に今年、意を決して再度裏磐梯へ!


今回は撮影会ではなく、単身乗り込むのだ。
とはいえ、自分だけでは旬な撮影ポイントなど全く分からない。
そこで、ペンションのオーナーが案内する撮影ツアーに参加することにした。
数多くあるそんなツアーの中で、考えに考えて決めたのはペンション・バディ。
サイトも綺麗だし、案内も親切そうなのが心に残ったのだ。


そんなこんなで、待ちに待った出発の日。
朝、目覚めも爽やかに……


ん?


……雨? ( ̄Д ̄;)


「福島空港悪天候のため、着陸できない場合もあります」って……。
結局は30分遅れで着陸し、一安心だったけど、気が気じゃなかった。


空港からバス・電車・バスと乗り継ぎ、14時前にやっとこさペンションに到着。


すぐに1日目の撮影に出発だ。
雨の中、まずは華蔵沼へ。その後、中ノ沢川付近で紅葉を撮影する。


この強い雨の中、さすがに撮影するのは辛い。
身体もカメラもレインウェアで装備しているものの、
レンズやフィルムを交換する時に、降り込んでくる雨を避けるのにはどうしても傘が必要だ。
しかしカメラを持って、三脚持って、バッグを持って、その上傘まで……となるとなかなか難しい。
おかげでなかなか撮影に集中できない。
ここで気になったのが、他の参加者が使っていた三脚に取り付ける傘ホルダー。
ブレの原因になるからと全く興味がなかったけど、ちょっと欲しくなってしまった。


こんな状況なので、当然夕景撮影はなし。


ペンションに戻り、夕食後はオーナーによるスライド上映会。
オーナーが撮影した写真を見ながら、撮影ポイントの解説などを聞けるのだ。


スライドを見ていて、その地に住んでいる、ということが何よりも有利なのだと痛感させられた。
何年かに1度やってきて、数日間の滞在で撮影した写真では、到底かなわない。
そりゃそうだ。
一流の写真家が、十何年通い続けても、まだなお「来るたびに新しい発見がある」と言うのだから。
こんなところまで来たのは間違いじゃないか、やっぱりいつでも通える場所に行くべきなんじゃないか、
そんな風に思えてくる。


2日目。AM4:20起床。4:40ペンション出発。
桧原湖の西側、細野付近で朝日撮影だ。


しかし空は一面薄い雲に覆われていて、朝焼けは期待できそうもない。
時間が経つにつれ空はどんどん明るくなるが、太陽は現れず。
朝日は諦めてふと振り返ると、空にはまんまるお月さん。


07_65_29.jpg



ペンションでの朝食後、白糸の滝周辺へ。
滝自体は、張り巡らされた電線のため、撮影場所が限られてしまう。
その滝から流れる水が川となって、紅葉に染まった谷を流れていく。
山の上から見るその風景にしばし心を奪われる。
大阪にでは絶対にお目にかかれない風景だ。
これを見れただけで、ここに来て良かった~と思ってしまう。
今年の紅葉がこれで撮り納めになったとしても、満足だ。


その後、達沢不動滝へ。豪快な男滝と繊細な女滝が対照的だ。
日の当たった水流と、影になった部分のコントラスト差が激しく撮影が難しい。


昼食後、姫沼へ向かう。
沼周辺の紅葉が目に鮮やかだ。
撮影中ずっと上を向いてばかりで、首が痛い……。
その後、大沢沼に立ち寄り、沼に写る紅葉をほんの少し撮影した後、
夕日撮影のために再び桧原湖の白樺展望台へ。
今日こそ燃えるような夕焼けを……と期待したが、一向に空は焼けず。
そのまま暗くなって撮影終わり。


3日目。最終日。
朝は定番の秋元湖へ。
湖周辺の道路は、朝日を待ち構えるカメラマンでいっぱいだ。
まだ真っ暗なうちからカメラをセッティングして朝日を待つが、
湖の上には濃い霧が立ちこめ、朝焼けは期待できそうにない。
まだ日の昇らない暗い湖を数枚パシャリ。


静まりかえった水面は、まるで鏡のようだ。
真っ暗だった湖面がうっすらと見えるようになってくると、
だんだんその水面に微妙な波の波紋が広がり始める。
いよいよ日の出だ。
辺りはだんだん明るくなってきた。
空は焼けなかったものの、霧の隙間から太陽が顔を出してくれた。
ありがとう!
最後に曲沢沼で紅葉を撮影し、3日間のツアーは終了。


駆け足で巡った裏磐梯。
朝日・夕日は撮れなかったけど、紅葉や風景には大満足。
でもこの場所を撮影するには3日間では少なすぎ。
終わってみれば、やっぱりまた来たい!
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

プロフィール

クニ・ヒロ

Author:クニ・ヒロ
休日には大阪・京都の植物園などで
マクロレンズ片手にのんびり花写真の撮影を楽しむマクログラファー。
ボケを活かした幻想的な写真が好みです。
かわいい動物、笑える動物も大好き(^-^)

詳細プロフィールはサイトにて!
http://macro-daisuki.com/

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。