撮影日誌
日々の撮影の記録など。ときどき他愛もない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良の滝巡り/千尋の滝・小迫谷の滝

今日は久々に、関西写真くらぶの滝撮影会だ。
もちろん主催はtonさん。


朝、6時半出発。
集合場所の「道の駅川上 杉の湯」に8時前に到着。
8時半、道の駅を出発。
途中、「道の駅 吉備路 上北山」で休憩。
目の前には上北山温泉「薬師湯」がある。
以前、koseさんと大台ヶ原へ行ったときに入りに来た温泉だ。
ここで全員集合し、いよいよ出発。


まず向かったのは「千尋の滝」。
路脇に車を停めてすぐのところに現れたのは見事な滝!
こんな楽ちんな場所にこんな滝があるなんて素晴らしい!
陽が差すたびに虹が架かる滝は、とっても神秘的だった。


07_80_27.jpg



昼食は慌ただしく車の中で。
次に向かったのは地図にも載っていない名もない滝だ。
でも「上北山村の小迫谷の滝」というらしい。
足場の悪いちょっとした山道を少し歩き、小さな川を飛び越えながらの道中。
やがて遠くに、高い崖の上から落ちる滝の姿が見える。
幾筋にも分かれて流れ落ちるその姿は迫力満点。


ひさびさの滝は気分爽快!
やっぱりいいね~。来年の滝撮影会が楽しみ!
赤目にもまた行きたくなったなぁ……。
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

KPC撮影会 紫流の滝

おなじみ滝の仙人、KPCのとんかつさんご案内による滝撮影会。
本日のコースは奈良・紫流の滝。


11/23日・KPC撮影会・滝……。
そう、ちょうど1年前のこの日である。
京都同じく、KPCの滝撮影会で、我が愛機F100が滝壺を泳いだ記念すべき日だ(泣)
そして今日、復活したF100でリベンジだ~!(笑)


朝9時、道の駅吉野路黒滝で集合。
まずは売店で名物のコンニャクをほおばる。
あったかくてちょっとピリ辛。コンニャクってこんなうまいものだったのか~


konnyaku.jpg



その後、天の川青年旅行村の駐車場へ。
ここに車を置いてしばしの山登りだ。
と、駐車場に着くなり、一匹のわんこが飛びかかってくるではないか!
ビックリしたが、見ると尻尾を振りまくり。
どうやらお客さんがいっぱい来て嬉しいみたい。
結局、山登りの道中から滝での撮影の間、帰り道までずっと一緒についてきてくれた。
飛び入りゲストにみんなも和む。
でも恐々歩いてる山沿いの道で、後ろから猛スピードで突っ込んでくるのはやめとくれ。


山道を30分ほど歩いて到着した滝は、落差もあり、周囲の紅葉と相まってなかなかフォトジェニックだ。


06_95_12.jpg



滝撮影の後は天川弁財天などを回る。
そのうちに雨が降り出し、時間もちょうどよい頃合いとなった。
黒滝の駐車場に戻り、もういちどコンニャクを食べて解散。

P.S.ロープにしがみつかないと歩けないような山登り。
翌日の筋肉痛が怖かったが、意外にも全然平気!
いやぁ、僕もなかなかやるねぇ。

テーマ:滝、渓流の写真 - ジャンル:写真

奈良の紅葉滝巡り ~F100最期の日~

今日KPCのとんかつ師匠の案内により、奈良の滝巡り。
自分ひとりでは絶対に知らないような滝へ案内して頂けるので、心待ちにしていた。
当日は天気も良く、絶好の撮影日和!


しかし、この後とんでもない運命が待ち受けているとは知るよしもなかった。


集合は大宇陀の道の駅にて。
実は大宇陀まではかなり時間がかかると思っていたのだが、行ってみると約1時間で到着!
南阪奈道が開通したおかげで楽々行けるようになったようだ。
行くのに時間がかかると思ってついつい敬遠していた奈良方面。
これなら今後はもっと気軽に撮影に出かけられそうだ。


まず向かったのは和佐羅の滝。
ここは山道を30分ほど歩く、ちょっとしたハイキングコース。
しかしそれを乗り越えれば壮大な滝が表れ、ただただ感動。
長靴履きで準備万端、水の中に入っても、斜面を登って滝の横からも撮影できる。
しばし滝撮影を堪能した後、もう一度水の中で撮影を……。その時、悲劇は起こった!
ちょっと目を離した瞬間、哀れF100は三脚ごと水の中へ……。


スタートからカメラを失った僕。その後の撮影の記憶はない(笑)


きっと大丈夫、という期待もむなしく、レンズとともに再起不能の診断。
カメラを失い、新たなる借金を背負う羽目に……(泣)


今日は歩くからと思って軽量のカーボン三脚にしたのが大間違い。
もう絶対、使うもんか!


F100_Last



F100の遺作。正真正銘、最後の1枚。


水に濡れた部分が、赤いシミのようになっている。
ところどころ水滴の痕のようなものも……。
他のコマはほぼ無事だったが、撮れていた写真そのものが全然ダメ(^^;)


F100よ、いままでありがとう~(ToT)/~~~~~

テーマ:花と風景の写真日記 - ジャンル:写真

赤目四十八滝撮影会

E先生の撮影会で赤目渓谷へ。
本当は11日~13日までの3日間の撮影会なのだが、今回は1日単位での参加もOKということでこの日のみ参加した。


元々、赤目渓谷は滝と紅葉を絡めて……という撮影には向いていないと思っている。
それよりも、紅葉をバックの添え物にしたり、渓谷への写り込みなどを狙う方が多いのだ。
しかし今年は紅葉が遅れているせいか、写り込みはまったく見ることができない。
おまけに、どんよりと曇っていて、光も全く入ってこないありさま。


出合から歩いて下ってはみたものの、どうもいいシーンを見つけられず。
本当はこんな状況でも自分なりの被写体を見つけなければいけないのだけど。
まだまだ修行が足りんってことだな。


05_96_21

テーマ:花と風景の写真日記 - ジャンル:写真

KPC撮影会 滝巡り

今日は奈良の滝巡り。
滝写真では日本を代表する、とんかつさんのご案内による。
朝7:30に家を出、下道を走って集合場所の「道の駅 杉の湯 川上」へ。
今日は総勢23名の大所帯。うち初参加の方が3名。
今年になって新しい人がどんどん入ってきて楽しい。


さて、一つ目の滝は大天井滝。車を停めて徒歩数歩の場所にある。
規模はそれほど大きくないものの、滝のすぐ下まで入れるため、色々工夫して撮影できる。


2つ目は御舟滝だ。ここは車を停めてちょっとした山道を歩くことになる。
とはいっても、ほんの5分ほどの道のりだ。
ここに向かう頃に降り出した雨。着く頃にはかなりの本降りになってきた。
そこで常に携帯している百均雨合羽の装着だ。これで雨中の撮影も万全!
しかしどういうわけか周囲の視線が雨よりも冷たい……。
ん~、なぜだろう。まるで僕が雨を降らしたとでも(笑)


雨の中をしばらく歩き、目に飛び込んできたのは壮大な滝!
先日の台風のおかげか水量も多く、さらに今日のこの雨でますます増水中!
ここも、滝のすぐ下から滝を仰ぎ見ることができる。
しかし、28mmではこの大きな滝をすべて写しこむことはできず……。
広角ズームが修理中で使えなかったのが痛すぎる(><)


05_74_29



下から見上げていると、滝のしぶきが雨のように降ってくる。
1、2枚撮影しただけでレンズは水滴でびっしょり。
拭いても拭いてもきりがない。
これはこれでおもしろいフィルター効果が出るかな?
さて、滝の正面には登っていく道があり、行くと滝と同じぐらいの高さのところに東屋がある。
ここではちょっと高いところから滝を見下ろせるのだが、これがなかなか面白い。
比較的滝の周囲が開けているので、上、下、横と色々なアングルから撮影を楽しむことができる。
滝の裏側にも入れるそうだ。


またぜひ訪れて、もっとじっくり撮影したいと思う。
こんな素晴らしい滝に案内して頂いたとんかつさんに感謝!

テーマ:花と風景の写真日記 - ジャンル:写真

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

プロフィール

クニ・ヒロ

Author:クニ・ヒロ
休日には大阪・京都の植物園などで
マクロレンズ片手にのんびり花写真の撮影を楽しむマクログラファー。
ボケを活かした幻想的な写真が好みです。
かわいい動物、笑える動物も大好き(^-^)

詳細プロフィールはサイトにて!
http://macro-daisuki.com/

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。