FC2ブログ
撮影日誌
日々の撮影の記録など。ときどき他愛もない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしてやっと琵琶湖撮影!② 今津浜~海津大崎~奥琵琶湖パークウエイ

4:15
ジャイアンママ(旧)の声で起こされる(^^;)

4:30
宿をチェックアウト。朝陽を撮るために今津浜へ。

5:00
今津へ到着。撮影ポジションに悩んでしばらくあっち行ったりこっち行ったり。
しかし寒い! 
一応、一枚余分に上着を持ってきたが、それでもまだ寒い!
昼間はこれでも暑いぐらいなジャンパーだが、もう少し厚いのにすべきだった。
まだまだ4月。朝晩の寒さをなめてはいけない。


050416_biwako



5:30
日の出!
残念無念。この朝も空は焼けず。でもやっぱり感動。
僕は広い風景を撮るとどうしても散漫でポイントに欠ける写真になってしまう。


そこで今回はkoseさんの写真でたっぷり予習して撮影に臨んだ(笑)
もっとも、だからといってあんな素敵な作品は到底撮れないが。


6:30
海津大崎へ
朝の風景もそこそこに海津大崎へ向かう。
せっかく晴れたのに、後ろ髪を引かれる思いだが……。
でも桜はこの時期しか撮れないが朝陽はいつでも撮れるからと無理矢理自分を納得させた。
(って僕の場合はその朝日すら滅多に拝めないんだけど^^;)

7:00
海津大崎到着
早朝ならまだ空いているだろうと思ったら大間違い。世のカメラマンを甘く見すぎていた。
すでに車はビッシリ。道路沿いにはカメラの放列が。
ほとんど車を停めるスペースがなく、トイレに行くことすらできない。
いいと思う風景がいくつもあったが、車を停められずに素通りするしかないことが多々あった。
それでも何とかスペースを見つけながら3、4ヶ所で撮影。
車と人との混雑で思うような場所での撮影もできず、どうもテンションが上がらない。
本当は午前中ここで費やせるかと思っていたのだが。。。
ここは山があり湖があり、桜がうまく絡んでいい風景がいっぱいある。
なのに、何であっちこっち電柱を立てて電線を張り巡らすのか……。
せっかくの風景なのだから、もっと景観を考えてほしいものだ。

8:20
遅めの朝食
道路沿いに停めた車内で桜を眺めつつ、今朝、今津のコンビニで買ったパンを食べる。

9:15
海津大崎出発
車で走りながら、停められそうなところで撮影をしているうちに海津大崎を渡りきってしまった。
そのまま再び奥琵琶湖パークウエイへ向かう。
昨日は湖東側から上ったが、今日は湖北側から。また違った風景が見られるかも。

12:00
昨日と同じように撮影しつつ、展望台まで到着。
その展望台、昨日の比ではない混みよう。展望台への道もずっと車が連なって大渋滞。
昨日来ていて良かった! ここはもう素通りだ。

12:30
撮影終了!
まだ早いが、帰りが混むと嫌なので切り上げる。気持ち的には十分満足だ。結果がどう出るかは謎だが。
京都東から高速に乗るため、湖西方面へ向かう。
しかしこれがちょうど海津大崎入り口への道と同じため、大渋滞! 行きは20分で行った道に、1時間半かかった!
道の遙か彼方まで車の大行列。ノロノロ運転が延々と続く。まあ早めに出たので焦ることはない。

13:30
実は海津大崎やパークウエイだけでなく、この辺り一帯どこもかしこも人がいっぱい。
そのため、昼食も取れず、お茶すら買えない状態。
道の駅マキノ追坂峠に寄ってやっとお茶を買えたが、食事は満席打ち止め。弁当も売っていなかった。
だだっぴろい駐車場がいつもならガラガラの新旭風車村ですら満車で入れず。

14:30
車の多い道を避け、志賀バイパスへ。
このまま湖西道路を通って名神高速へ一直線。快速!

15:30
桂川パーキングエリアで遅い昼食。
ここまで来たらもういいかとも思ったが、どうも頭の回転が鈍い気がするので、休憩がてら寄ってみた。
生醤油うどん。う~ん、これはもう食べないだろうなぁ(笑)

17:15
やっとこさ自宅到着。疲れた~!
1泊2日の短い旅だったが、充分に満足!
スポンサーサイト

テーマ:花と風景の写真日記 - ジャンル:写真

そしてやっと琵琶湖撮影! 奥琵琶湖パークウエイ~湖北

久々の琵琶湖行き。
実は3月に予定していたのだが、なぜか宿が取れずにこの日になってしまった。
おかげで全く予定していなかった桜にもたっぷりお目にかかれることとなり、ちょっと楽しみ。


9:00
出発。渋滞が心配だったが、多少混んでいるものの大丈夫そうだ。
高速沿いの山の斜面には色とりどり美しい咲が咲いていて、ついつい目を奪われる。
思わず路肩に車を停めて撮影したくなったりして。

11:00
米原。今回は、桜・朝日・夕陽の撮影を中心にするつもり。
一気に木之元辺りまで高速で行こうかと思ったが、途中に何かいい被写体があるかも……と欲を出して彦根で降りる。
ところがこれといった被写体もなく、結局どこにも寄らずに奥琵琶湖パークウエイに向かうことにする。
しかし欲を出したのが失敗。木之元あたりまで渋滞でなかなか車が進まない。まあ仕方ない。

12:00
つづらお展望台着。
ここはすごい人。と言うよりもすごい車。
停めるところがない、どころか道も満足に走れない。
それでも運良く目の前の駐車スペースが空き、無事駐車。

14:00
しばし撮影した後、ちょっと遅い昼食に。
展望台の売店で「琵琶湖産かき揚げ天うどん」を食す。\500也。
見た目はまずそうだったが、なかなかの美味。

14:30
昼食後、車で走りながら良さそうなところを見つけては撮影。
でもいいと思った場所にはなかなか駐車スペースがなく、諦めることもしばしば。


050416_biwako_123

★桜と戯れるPioくん。


15:00
そろそろ切り上げて湖北へ向かうことにする。
ちょっと早いが、渋滞に巻き込まれて間に合わずに夕日を逃しては元も子もない。

16:00
道はちょっと混んでいて心配になったが、なんとか無事湖北へ。
ふと道路添いの公園にいい感じの桜と菜の花が見える。
入り口はどこかと思いながらしばらく走ると、発見。早崎尾上片山園地というそうだ。

16:30
湖北水鳥ステーションに到着。
ちょっと休憩を入れつつそのときを待つ。今日こそ夕陽が拝めるか……。

17:30
そろそろ日の入りのはずだが妙に日が高いな……と思ってふと気づく。
日の入りは18:30だ。
だから17:30までに着けばいいと思っていたのを、17:30日の入りと勘違いしていた。
しまった。あと1時間は桜を撮影できたのに……。

18:00
いよいよ太陽が沈む。
色々迷ったあげくに決めたポジションでひたすら撮影。周囲にもカメラマンがいっぱい。

18:30
日没。うっすらと赤くはなるが、まったく焼けず。
それでも初めて夕陽が見られただけで感動!

18:45
撮影終了。宿へ向かう。
なんと部屋は10畳!!
今日は宿泊客がかなり多いらしく、宿の人も忙しそう。
風呂にゆっくり浸かったら、今日は早寝。明日は4時起きだ。

テーマ:花と風景の写真日記 - ジャンル:写真

ナニワフォトアカデミー in 京都御所

昨日に引き続き、京都での桜撮影。
予報ではかなり天気が怪しかったが、朝起きてみるといい天気。
結局、1日中いい天気のまま撮影を終えることができた。
年に1度しかない桜シーズン。撮影の時ぐらいいい天気でいてほしいものだ。

さて、今日は京都御所一般公開の日。
毎年撮影に来るときには一般公開をやってる気がする。
当然、周囲は人の海。
とはいえ、フレーミングに気を付ければ撮影は十分可能。

京都御所の桜、といえば今出川駅最寄りの乾御門近くにある近衛邸跡付近の枝垂れ桜。
白や紅などの色違いの桜が密集しているので色々なパターンでの撮影が可能。
お花見の場所としてはあまり紹介されることはないが、見応えもあるし、もちろん撮影にも十分満足できる。
中でも、道沿いにある大きな枝垂れ桜は有名。
ここは夕方の斜光線が綺麗なので、いつもなら最後に行くのだが、今日は天候が不明ということでまず最初に行くことにする。
もちろんここも何度も訪れているが、いつもとは来る時間帯が違うので新鮮。
逆光に透ける桜を狙う。

いつもはマクロが中心なので、今日は望遠ズームを中心に、いつもとは違う狙いをしてみる。
しかし、いざ撮ろうと思うとどう撮っていいかわからず……。
やはりこの固い頭、柔軟性が相当不足しているようだ。


05_028_24



桜そのものには満足の1日だったが、撮った写真は……う~む。
今日は風が強く、マクロで狙おうと思ってもファインダーの中で花が止まっていることがなかった。
右に左に上に下にとびゅんびゅん飛び交う。
我慢して粘ったが、結局風は止まず。
諦めて動いてるまま、ピントが合った(ように思われる)ところで何枚か撮った。

御所は下が砂利道なので、今日のように人が多い上に風が吹くともうもうと砂埃が舞う。
ハードコンタクトをしている僕にはこの砂埃が辛い。
ファインダーを覗いていてももう目を開けていられない。
こんなことで集中力を切らしてしまった。
う~ん、コンタクトは見やすいんだけど、こういうことを考えるとメガネの方がいいかもなぁ。。。

それにしても行き帰りの電車の人の多いこと。
やはり人混みの電車でアルミ三脚は辛いなぁ(笑)

ナニワフォトアカデミー in 京都府立植物園

今年最初の桜!
場所は例によって京都府立植物園。
いつも同じじゃないか~と言われるかもしれないが、それはE先生に言っておくれ(笑)
まだ満開にはちょっと早い、といったタイミングでまだつぼみのものも多かった。
それでも、桜を求めて見た大勢の人。人。人。この時期のいつも通りの風景だ。
人が多くても、三脚を立てる場所もないということはないし、当然バーベキューなどが行われることもないから安心して撮影できる。
満開前ということもあって、今日は回る範囲が狭く、ちょっと消化不良気味。
いつもどおりマクロをメインに撮影する。
マクロでアップ、となると撮影の難しさは梅とそう変わらない。
背景処理や花びらの重なり具合などで変化を付けていくしかないが、これがまた難しい。
どうしても「いつものパターン」に陥ってしまう。


05_022_26



もっとその場で柔軟に撮影したいとは思うものの、センスのなさか、頭の固さか、どうしてもワンパターンから抜け出せない。
その点、さすがE先生は「えっ、ここでこんな切り取りかたを!?」という変幻自在の引き出しをいっぱい持っている。
それがプロの力なんだなぁ、と感心するとともに、それをいつも間近で見られる今の環境に感謝感謝。
いつか自分でも満足できる写真が撮りたいなぁ。

カレンダー

03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

プロフィール

クニ・ヒロ

Author:クニ・ヒロ
休日には大阪・京都の植物園などで
マクロレンズ片手にのんびり花写真の撮影を楽しむマクログラファー。
ボケを活かした幻想的な写真が好みです。
かわいい動物、笑える動物も大好き(^-^)

詳細プロフィールはサイトにて!
http://macro-daisuki.com/

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。