FC2ブログ
撮影日誌
日々の撮影の記録など。ときどき他愛もない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信越高原撮影会(2011.5.12-15)

長野県は戸隠高原へ行ってきました。
おなじみ江口先生主催の撮影会です(^-^)

戸隠は数年前、春と秋に訪れてとても気に入った場所。
特に春の戸隠は、水芭蕉やカタクリの群生が咲き乱れて、
右を向いても左を向いても被写体がうようよ見つかる、
素晴らしいロケーションです。

そしてなんと言っても、さわやかな新緑に囲まれた高原にたたずむと、
疲れ切った心が癒される!(^▽^)

いつもながらではありますが、
もうこのまま現実の生活には帰りたくない!
と思いました(笑)

滞在中は朝5時に起きて、いそいそと朝露の撮影。

仕事のある日なんて、7時になっても眠くてだるくて起きたくないのに(笑)
こんな撮影のときだったら、もう目覚ましが鳴る前にお目々ぱっちり、
気分爽快、気持ち充実、やる気まんまん!
ああ、なんて健康的なんだ!
こんな毎日を送りたいわぁ(^^ゞ

このあたりは水芭蕉やリュウキンカの群生があるのですが、
このちいさなちいさなリュウキンカ、
ちょっと近づけない、三脚も置けない、
そんな場所に咲いてます。

濡れた地面にビニール敷いて寝っ転がって
めいっぱい腕を伸ばしてぷるぷる震えながら、
かなり怪しい体勢で撮影してました(笑)

水芭蕉、暗闇の中でぼぅっと光ってるような、
ちょっと怪しい感じがなんだか好き(笑)

形が面白くて写欲をそそられるんですが、
実際撮影するのはなかなかの難敵でして……。

生息地が湿地帯やから花も葉っぱもドロで汚れやすいし、
虫もすぐつくし。

そんな中から少しでも綺麗な花を見つけても、
あまりいい背景が選べなかったり、周囲に邪魔なものが写り込んだり。

それでも見つけるたびに撮りたくなる、
不思議な魅力を持った花なんです。

水芭蕉っていうと、花全体がとっても特徴的ですけど、
そんな中でも一番のチャームポイントだと思うのが、
ちょこんととがった帽子(?)。

これをなんとかうまく絵にしたいと思うんですが、
なかなかうまくいきません。
ぼんやりと撮りたいイメージはあるんですけど。
やっぱりまだまだ未熟だなぁ。

元々持ってる形の面白さに撮らされてるだけじゃなくって、
しっかりと自分の想いを形にできるようにならないとダメですね。



今回の長野行きは、おなじみ江口愼一先生の撮影ツアーでした。

撮影ツアーというと、プロの先生に案内してもらえるものや
ペンションのオーナーさんが車で撮影地を回ってくれるものがありますが、
どちらもその季節季節の一番いい場所に一番いい時間に案内してもらえるのがメリットですね。
特に知らない土地の場合、いつどこへ行けばいいかわからなかったりしますから、
ピンポイントで案内してもらえるというのはとてもありがたいものです。
時にはガイド等に載っていないような穴場につれて行ってもらえることも。

でも撮影ポイントに案内してくれるだけならどちらのツアーを利用しても同じですけど、
やっぱりプロの先生が主宰するツアーには他にないメリットがあります。
撮影風景を間近で見られる、ということなら日帰りの撮影会でも体験できますが、
一日中一緒にいて、撮影の技術的なことだけでなく普段なかなか聞けないような
いろいろなお話を聞くことができて、その人となりを感じることができる。
時にはお酒を飲みながら(僕は飲めませんが^^;)はじけて騒いでへろへろになって(笑)
まるで写真仲間のようなお付き合いができたりもします。

また、いつも参加しているツアーなら、自然と同じように参加している仲間もできます。
江口先生の場合、参加者のほとんどが僕の親と同年代かそれ以上の方が多いんですけど、
そんな年齢も職業も関係なく、みんなが仲間(^-^)
わいわい楽しく撮影に勤しんでいます。

ツアーは平日が重なることが多いので多くても年に1~2回しか参加できないんですけど、
この楽しい時間を過ごすために日夜苦しい思いをしながら働いているのです(笑)
スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

プロフィール

クニ・ヒロ

Author:クニ・ヒロ
休日には大阪・京都の植物園などで
マクロレンズ片手にのんびり花写真の撮影を楽しむマクログラファー。
ボケを活かした幻想的な写真が好みです。
かわいい動物、笑える動物も大好き(^-^)

詳細プロフィールはサイトにて!
http://macro-daisuki.com/

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。