撮影日誌
日々の撮影の記録など。ときどき他愛もない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真展めぐり

今日は午前中にリハビリを終え、午後から写真展めぐりをしてきました。
その数5つ。
なかなかあれこれ回ることはないのですが、ちょうど観たいものが重なったのでいい機会です。

まず最初は、大丸梅田で行われている、岩合光昭さんの「どうぶつ家族」
いつも優しいまなざしで動物たちをみつめる岩合さん。
動物たちのカメラ目線が多いのも、そういう温かさが伝わるからかな。
それにしても動物たちってこんないろいろな表情があるんですね~。

さて、僕も大自然に行って動物写真が撮りたい! と気分が盛り上がったところで、
次なる展示はGallery Arte Spazioで行われている「猫の日」。
こちらはTwitterでフォローさせていただいている、りゅうさんが出品されるとのこと。
出品している方々の、ほんとに猫が好きでたまらないって気持ちが伝わってきます。

さて、僕も猫写真を撮ってみたい! と気分が盛り上がったところで、
次なる展示はキヤノンギャラリー梅田の「キヤノンフォトコンテスト入賞作品展」。
意外といわゆる風景写真、という作品が少ない感じ。
そのかわり、マクロがかなり頑張ってる感じでした。
大賞を受賞された作品など、ほんとに素晴らしく、へぇ~っと思うやらなんだか悔しいやら。
僕も負けずにもっと個性的な写真を撮っていこう!

さて、ますますマクロを極めたい! と気分が盛り上がったところで、
次なる展示はニコンサロン大阪の「2011 日本カメラフォトコンテスト展」。
こちらはスナップが多い感じでした。
同じフロアの隣で「日韓高校生写真交流の集い写真展」という
高校生が撮影した写真展をやっていましたが、意外とこれが良かったです。
変に捻ることもなく、まっすぐに撮影されていて、写真に力がありました。
普段あれこれ考えながら撮影しますが、こういうストレート一本勝負もいいなぁと思ったり。

さて、今日の写真展めぐりのトリは、梅田から本町へ南下して富士フィルムフォトサロン大阪へ。
鈴木一雄先生の『日本列島―季乃聲(きのこえ)―』です。
さすがに圧倒される迫力、圧倒的な美しさ!
元旦から始まって大晦日で終わるという構成がドラマチックです。
自然の厳しさ、温かさ、華やかさ、すべてが凝縮されたようでした。

最初、順路がわからずいきなり大晦日の写真の前に立ってしまい、
在廊されていた鈴木先生から「あっちからですよ」と言われてしまいました(^_^;
その後はタイミングが合わず、先生とお話しできなかったのが残念です。

普段はやっぱり好きなマクロばかりに目がいってしまいますが、
こうやっていろいろな写真を観て、刺激を受けて、自分の糧にして、
っていうのもやっぱり大切ですね。

そして僕もいつか写真展を! っていう思いを強くした1日でした。
スポンサーサイト

テーマ:コラム - ジャンル:写真

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

プロフィール

クニ・ヒロ

Author:クニ・ヒロ
休日には大阪・京都の植物園などで
マクロレンズ片手にのんびり花写真の撮影を楽しむマクログラファー。
ボケを活かした幻想的な写真が好みです。
かわいい動物、笑える動物も大好き(^-^)

詳細プロフィールはサイトにて!
http://macro-daisuki.com/

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。