撮影日誌
日々の撮影の記録など。ときどき他愛もない話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府立植物園 2012

桜はまだ残ってるかなぁと心配しながら、京都府立植物園へ。
かなり花が落ちて葉桜になりつつあるものも多かったけど、
奥の桜林や大芝生はまだまだきれいな桜が残っていて十分満足。

おそらく今年の桜が見られる最後の休日。
お花見のファミリーやカップルでものすごい人!
そんな中に混じって写真教室やサークルらしき団体さんの姿もあちこちに。

それにしても府立植物園でこんな人の多さって見たことないかも。

カメラを持った団体さんの中にEOS学園の撮影実習らしき人たちを発見。
山本学先生を初めて拝見した。
と言っても、面識はないので話しかけずに遠巻きに見ていただけ(笑)

お昼は早めにレストランへ。。。と思ったけど、
せっかくなのでお弁当を買って桜の下で食べる。
時折風が吹くと、桜吹雪がきれい。
撮りたいけど、うまく撮れそうもないので最初から諦めて撮影せず(笑)

0415_120415_kyoto_171.jpg

それにしても、いつの間にか京都府立植物園も枝垂れ桜が多くなっていて、
普通の(?)桜がずいぶん減った印象。
桜林の様子も以前とはかなり変わっていた。
枝垂れは御苑で撮っているから、今日は普通のをいっぱい撮ろう!
と思っていったのでちょっと残念。

まあ、枝垂れといえば京都を象徴する花。
多くなるのは仕方ないけど。

桜と並ぶ春の花の代表、チューリップも今が見頃。
園内のあちこちに色とりどり、満開の花を咲かせている。
同じ色や形のチューリップがきれいに並んで咲いてる花壇は
グラデーションが美しくて撮影意欲がそそられるけど、
色や形の違うチューリップがランダムに植えられているのも
カラフルで新鮮。こういう植え方もありなんやなぁ。
来年、自分で植えるときの参考にしよう(笑)

チューリップの周囲には水仙やスノーフレークも賑わっている。

楽しみにしていた今年の桜撮影もこれで終わり。
さて、来年はどこへ撮りに行こうか(笑)
スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

プロフィール

クニ・ヒロ

Author:クニ・ヒロ
休日には大阪・京都の植物園などで
マクロレンズ片手にのんびり花写真の撮影を楽しむマクログラファー。
ボケを活かした幻想的な写真が好みです。
かわいい動物、笑える動物も大好き(^-^)

詳細プロフィールはサイトにて!
http://macro-daisuki.com/

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。